【藤本拓好走】2019年 福岡国際マラソンを見て【リザルト】

マラソン・駅伝

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

2019年12月1日(日)に第73回福岡国際マラソンが行われました。

東京オリンピックマラソン代表の残り1枠を競う3大会(MGCファイナルチャレンジ)の1つがこの福岡国際マラソンです。(他は東京マラソン・びわ湖毎日マラソン)

東京オリンピックマラソン代表になるには、現マラソン日本記録更新となる2時間5分49秒以上の記録を出さなければなりません。

誰も更新できなかった場合は、MGC3位の大迫選手がオリンピックマラソン代表となります。

曇り、18.5度のまぁまぁのコンディションで行われた今大会、だれが日本人TOPをgetしたのでしょうか。日本記録の更新はあったのでしょうか。

公式サイトはココです。よろしくお願いします。

大会結果

01位 E・ダザ   2:07:10
02位 藤本 拓    2:09:36
03位 福田 穣    2:10:33
04位 W・デレセ 2:10:52
05位 寺田 夏生   2:10:55
06位 M・ギザエ  2:10:59
07位 伊藤 太賀   2:10:59
08位 A・ウラド  2:11:03
——————–
12位 川内優輝  2:12:50
14位 設楽啓太    2:14:31
15位 佐藤悠基  2:14:56

日本人TOP藤本選手のラップとスプリット

05k 14:51  -
10k 29:49  14:58
15k  44:42  14:53
20k  59:43  15:01
25k  1:14:35  14:52
30k  1:29:33  14:58
35k  1:45:12  15:39
40k  2:01:47  16:35
finish  2:09:36  7:49

前半のハーフ 1:03:02
後半のハーフ 1:06:34

感想

4度目のフルマラソンの藤本選手、30キロまでは日本記録更新ペースで行ってたのですが、30キロ過ぎて早々優勝したE・ダザ選手に離されて、残り約12キロを一人旅で走る結果となってしまいました。

30キロ以降徐々にペースが落ち始め、サブテンには到達したものの、目標であった自身の記録更新(2時間07分57秒)には程遠く苦い結果となってしまいました。

本人はMGCファイナルチャレンジは福岡にしか出場しないとのことなので、藤本選手は実質オリンピック脱落ということになりました。今後の活躍に期待しています。

他の選手の結果としては、サブテンが目標だった設楽悠太選手の兄の設楽啓太選手が2時間14分31秒の自己新での14位。

佐藤悠基選手は27キロまではTOPグループについていましたが、アクシデントで何度か立ち止まり、結果2時間14分56秒の15位となりました。

MGCファイナルチャレンジ、残りは2大会となりましたが有力選手は来年開催の東京マラソンに出場するでしょう。

オリンピック代表選考の大会ですから、今大会のような捨て身の前半突っ込んだレースが期待されます。

現時点で、大迫選手は東京マラソンの出場のアナウンスがないので分かりませんが、個人的には是非とも出場して自身の記録を更新して自信満々でオリンピックに挑んでほしいです。

来年の東京マラソン、オリンピック代表を狙うランナーのほとんどが出場すると思うので、今年のMGC並みに豪華なメンバーになることでしょう。今から楽しみでなりません。

コメント