障害者枠で働くということ

もちゃんです。
実は4月より障害者枠で働き始めました。
え?障害者枠ってなに?どうやったら障害者枠で働けるの?等、書いていきたいと思います

障害者枠って?どうやったら障害者枠で働けるの?

障害者枠は、身体・知的・精神の障害者が社会で働けるようにする制度です。
従業員が50人以上の会社は1人障害者を雇用するように義務?付けられています。雇用することで、国からお金が支給されます。そんな余裕無いよという会社は、お金を国に払うことで障害者雇用を免除されています。
どういう人が障害者枠で働けるのかというと、障害者手帳を持っている人が対象となります。

障害者として働くまでに至った経緯

働きたい。でも健常者と同じ量・時間は無理だなぁっと悩んでいました。
バイト・パートも考えましたが、健常者として配慮なしで働くのは多分ムリだろうなぁと。インターネッツで色々と検索していると、障害者の就職を手助けしてくれる就労移行支援事業所という施設があることを発見しました。そこで訓練しつつ就職活動でもしようかなぁと思ったのでした。

就労移行支援事業所ではどんなことをしたの?

ワークショップと呼ばれる一方通行的な知や技術の伝達でなく、参加者が自ら参加・体験し、グループの相互作用の中で何かを学びあったり創り出したりする、双方向的な学びと創造のスタイル。座学+話し合いで自分の意見をしゃべる訓練とか、他の人の意見を聞いて自分には考えたことのなかった考え方を学ぶ講習があります。その他には、PCを使ったエクセル・ワードの訓練、封筒の封入やビーズを使ったビーズリングをつくる作業系の訓練も行いました。
一人一人就職に向けてのスピードは違うので、個別に担当の人が付きこうしましょうああしましょうとアドバイスしてくれます。
私は、そこに就職活動を含めて一年弱通い、就職することが出来ました。

まとめ

ということで3月後半から4月一杯、5月上旬までは仕事への緊張とか働きはじめのストレスだとかで全然更新する気が起きませんでしたw
大分落ち着いてきたので、3日ぐらい前からまたやってみようかという気になれました。
毎日更新はネタの関係上難しいかもしれませんが、マイペースでやっていきたいと思います。

また、同じ障害者で働きたいとか、就労移行支援事業所についてもっと知りたいって方はメールで質問してみて下さい。あんまりいいアドバイスは出来ないかもしれませんが、、、

 

コメント