節分の由来・豆まきの由来




もちゃんです。
2月3日は節分ですね。
今回は節分について勉強しようかと思います。

節分の由来

節分は昔は立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に、1年に4回あったものでした。
ところが、日本では立春は1年のはじまりとして、とくに尊ばれたため、次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったようです。立春を1年のはじまりである新年と考えれば、節分は大晦日(おおみそか)にあたります。平安時代の宮中では、大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていました。室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、民間にも定着していきました。
※「節分の歴史と由来」 – 甘春堂より引用

豆まきの由来

邪気を追い払うために、節分には古くから豆撒きの行事が執り行われている。宇多天皇の時代に、鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らすのを、祈祷をし鬼の穴を封じて、三石三升の炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶし、災厄を逃れたという故事伝説が始まりと言われる。豆は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある。
豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。また、自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしがあるところもある。初期においては豆は後方に撒くこともあったと言う。※wikipediaより引用

感想

昔の人は魔目とか魔滅とか語呂遊びがすきですよね。
初めて知りました。簡単にいう昔は、節分が大晦日で新年に悪いことが起きないように願いをこめ、豆まきは、邪気を払うために行うこと。ってところでしょうか。
今の時代、あんまり鬼は外って言わないような気がしますが、やっているんでしょうか?幼稚園とかはやっているそうですね。お相撲さんが四股を踏んで邪気を沈める(先の奉納土俵入りの記事参照)作用があると言ってお相撲さんを呼んでシコを踏んでもらうみたいです。昔ながらの伝統を今もやっているってことはなんだか素晴らしいことですよね。

関連記事広告






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする