雪道の歩き方

日記

もちゃんです。
今回は雪になった時の歩き方を伝授したいと思います。
東京では、雪になると台風の時と同じで電車が運休になったり、会社を早退できたりします(ひどい場合は)。それはそれで嬉しいですが、でもやっぱり雪の日は憂鬱です。お外に出たくなくなります。でも出なくちゃいけない。
明日は雪になるそうなので(積もるほどではないでしょうが)その前にコレを読んで対策してください。

1. 大股で歩かない

大股で歩くと一本足の状態が長くなり、転びやすくなります。また、大股であるくと靴が曲がるまで蹴らなくてはいけません。雪道を歩くときに絶対やってはいけないことが「蹴るように歩くこと」です。わかりやすく言うと無意識で歩いているときはつま先を蹴って歩いています。普通に歩いてはいけません。

2. 足のうら全体で着地する

歩くという行為は、まずかかとから徐々につま先まで着地し、かかとが地面から離れてつま先で地面を蹴って前に進みます。普通に歩くとこういう動作の繰り返しです。が、雪道では足の裏全体を同時に着地させます。そして前述したように小幅で歩きます。

3. 凍結している所としてない所を瞬時に判断する

目線ですね。何処に置くかです。足元を見なさいという人もいるかもしれませんが、私は2,3歩前(2,3メートル前)を見て歩くのを推奨します。そして凍結している所としていない所を見つつ歩きます。これは雪道をできるだけ早く歩くという、ちょっと上級者用かもしれません。

4. むしろ除雪されていない雪の積もっているところを歩く

雪国と違って、東京では除雪カーなんてものはございません。なのでクルマのタイヤ跡ぐらいしか雪のない状態がない状態です。そこを歩く人が多いですが大変危険です。あえて歩道の全く手を付けられていない部分を歩くとクルマに轢かれる心配はなくなります。

5. 革靴はソールがゴム製のものを

できれば長靴がベストなんですが、サラリーマンはそうはいきませんよね。ブーツで妥協しましょう。革靴なんて履けば靴下がすぐにびしょびしょになりますよ。それでも革靴って人はせめてソールはゴム製で溝があるやつを履いて下さい。ソールが皮のやつなんて歩けません。

まとめ

ずらずらーーっと書きましたが、結局は、時間に余裕を持って行動することだと思います。
いつもより余裕を持って行動すれば、雪道で転ぶ事に繋がることは少ないような気がします。
あとは、常に滑らないよう意識することだともいます。スマホ歩きなんてもってのほかです。歩くことに集中して下さい。ではみなさん気をつけて歩いて下さい。

 

 

コメント