【2020】第60回中部実業団駅伝【リザルト】

マラソン・駅伝

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

2021年の元旦に行われる、ニューイヤー駅伝の中部地区予選会である、中部実業団駅伝が2020年11月15日に行われました。

今回はオープン参加1チーム含む計10チームが出場し、6枠のニューイヤー駅伝出場枠を掛けた激戦が繰り広げられました。

さぁ、どこのティームが来年のニューイヤー駅伝の出場を決めたのでしょうか。

公式のサイトはこちら(pdf)になります。

スポンサーリンク

第60回中部実業団駅伝大会結果

1位 トヨタ自動車 3゚ 51’19”(大会新)
2位 トヨタ紡織 3゚ 54’42”
3位 愛三工業 3゚ 54’51”
4位 トーエネック 3゚ 55’15”
5位 愛知製鋼 3゚ 56’45”
6位 中央発條 3゚ 57’22” 2021ニューイヤー駅伝出場権
7位 NTN 4゚ 01’01”

区間賞

1区 羽生 拓矢 トヨタ紡織 34’14”(区間新)
2区 ビダン カロキ トヨタ自動車 22’36”(区間新)
3区 窪田 忍 トヨタ自動車 34’53”
4区 西山 雄介 トヨタ自動車 44’29”(区間新)
5区 大石 港与 トヨタ自動車 35’43”(区間新)
6区 青木 祐人 トヨタ自動車 23’59”(区間新)
7区 中西 玄気 愛三工業 34’52”

優勝したトヨタ自動車の個人成績

1区 宮脇 千博 区間3位 34’43”
2区 ビダン カロキ 区間賞 22’36”(区間新)
3区 窪田 忍 区間賞 34’53”
4区 西山 雄介 区間賞 44’29”(区間新)
5区 大石 港与 区間賞 35’43”(区間新)
6区 青木 祐人 区間賞 23’59”(区間新)
7区 山藤 篤司 区間2位 34’56”

感想

youtubeで生配信されていたので、それを見て観戦しました。アーカイブが残っているようなので見逃した人は観戦できます。

第60回中部実業団対抗駅伝競走大会

トヨタ紡績ルーキーの羽生選手が復活の1区区間賞を取りました。東海大学時代の黄金世代と呼ばれた選手の一人なんですが、社会人になり復活の兆しが見えます。今後に注目していきたいです。

優勝したトヨタ自動車は、ベテラン・ルーキーも強力で、ニューイヤー駅伝の優勝候補です。今大会ではトヨタ自動車で2ティーム出場したのですが、Bティームも5位でフィニッシュしたのでとても選手層が厚いです。

外国人も今季からDeNAから加入したビダンカロキ選手が加わり、一層隙が無くなりました。

ここに、来年は東洋のエースである西山選手と東海大の西田選手が加入するので、ますますレギュラー争いが激しくなりそうなティームになります。

そんなトヨタ自動車ですが、来年のニューイヤー駅伝で旭化成の連覇を阻止できるのでしょうか。非常に楽しみであります。

また、同日に行われた、中国実業団駅伝の結果(pdf)はこちらです。

来年のニューイヤー駅伝には、マツダ、中国電力、JFEスチール、中電工、日本製鉄瀬戸内の5ティームが出場します。

関西実業団駅伝の結果はこちら(pdf)になります。

上位5ティームである、NTT西日本・住友電工・SGHグループ・大阪ガス・大塚製薬が来年のニューイヤー駅伝に出場します。

【2020】第61回東日本実業団駅伝【リザルト】
2020年11月3日(火)の祝日に、東日本実業団駅伝が埼玉で開催されました。 この大会は、2021年元旦に行われるニューイヤー駅伝の予選会でもあります。 上位12位までに与えられる来年のニューイヤー駅伝の切符をgetしたのはどの企業でしょうか。


11月1日に行われた、東日本実業団駅伝の結果はこちらになります。

コメント