【キプチョゲ世界新】2018 ベルリンマラソン【リザルト】

マラソン・駅伝

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore
今回は、本日行われた2018年ベルリンマラソンのリザルトということで書いていきたいと思います。っていうか、出ちゃいましたw世界新記録!!今までのフルマラソン世界記録はデニス・キメット選手の2時間02分57秒。そして本日のベルリンマラソンでエリウド・キプチョゲ選手が樹立した新記録は、2時間01分39秒!! 1分18秒の短縮です!おめでとうございます。

ベルリンマラソンリザルト

01位 エリウド・キプチョゲ(ケニア)    2時間01分39秒
02位 アモス・キプルト(ケニア)      2時間06分23秒
03位 ウィルソン・キプサング(ケニア)   2時間06分48秒
04位 中村匠吾(富士通)          2時間08分16秒
——-
06位 佐藤悠基(日清食品G)         2時間09分18秒
08位 上門大祐(大塚製薬)         2時間11分07秒
16位 村山謙太(旭化成)          2時間15分37秒
棄権 神野大地(ニューバランス)      34キロ地点腹痛

エリウド・キプチョゲ選手とは?

ケニア人の33歳。170cm,57kgとトラック・クロスカントリーを経て2012年にマラソンへ転向。初マラソンは2013年のハンブルグマラソンで2時間5分30秒。以降今回のマラソンを含め、通算11戦10勝という驚異の勝率を持っています。

2017年イタリアのモンツァサーキットで、世界的有名企業NIKEが主催の「BREAKING2」なるが開催されて、リオデジャネイロ五輪金メダリストエリウド・キプチョゲ(ケニア)非公式ながらも2時間00分25秒で走破しました。その時はいていたシューズがNIKEのヴェイパーフライエリートというモデルで厚底シューズのブームのきっかけを作った選手です。

前世界記録のラップとスプリット

05k 14:42
10k 29:24 14:42
15k 44:10 14:46
20k 58:36 14:26
25k 1:13:08 14:32
30k 1:27:38 14:30
35k 1:41:47 14:09
40k 1:56:29 14:42
finish 2:02:57 6:28

デニス・キメット選手が2014年ベルリンマラソンで樹立

キプチョゲ選手のラップとスプリット

05k 14:24
10k 29:01 14:37
15k 43:38 14:37
20k 57:56 14:18
25k 1:12:25 14:29
30k 1:26:45 14:21
35k 1:41:12 14:28
40k 1:55:32 14:21
finish 2:01:39(WR) 6:07

2018年ベルリンマラソンで樹立

感想

わたくし、インターネッツで観戦していたのですが、途切れ途切れでした。ですが、キプチョゲ選手、終始独走で走り抜けていました。30キロまではPMもいた模様。独走だったので、日本人選手もほとんど映らなく、ちょっと退屈な観戦でした。キプチョゲ選手のはいていたシューズは、新製品のナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニットです。
シューズと言えば、今回のレース、佐藤悠基選手が長年愛用していたミズノのシューズを履かないでNIKEのヴェイパーフライ4%フライニットを履いていました。練習で履いているのを目撃されていたので、話題になっていました。4位で8分台前半と好記録を出した中村匠吾選手は、NIKEユーザーなんですが、ヴェイパーフライ4%フライニットじゃないNIKEにしては薄底のシューズを愛用してるみたいです。神野選手は、34キロ地点で腹痛によるリタイヤということですが、原因は解明しているようなので今後より対策をしてほしいと思います。そしてMGC出場権を獲得してほしいです。まだ全然間に合います。頑張ってほしいです。

コメント