【ANKER モバイルバッテリーレビュー】PowerCoreⅡ 10000の感想【最小最軽量 大容量】

レビュー

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

現代人はスマホが当たり前になり、それによってモバイルバッテリーも必須アイテムと言えるほど持ち歩く人が増えました。

私もその中の一人なのですが、私の今使っているモバイルバッテリー、容量が25000mAhもあり、でかく重いのが難点。

リュックに入れておるのですが、このモバイルバッテリーが地味ぃ~に重いんですよね。

【BCM】モバイルバッテリーを購入してみた【25000mAh】
家には現在cheeroのモバイルバッテリーがあります。これを2012年の10月に購入したとの記録があったので、今年で6年ほど使用していることになります。基本的にコンセントにつけっぱなしにしているのですが、お外に持ち出すとやはり電池の持ちが悪くなっています。そこで今回は新しいモバイルバッテリーを紹介したいと思います。それが、、、

↑その地味に重いバッテリーのレビューはこちらです。

容量もオーバースペック的なこともあり、普段使うにはもうちょっと容量の少ないコンパクトなモバイルバッテリーで良いかなぁと思って、amazonを見ていたらよさげなのを発見しました。

コレです。

モバイルバッテリーといえば、良く聞くメーカーのANKERです。

PowerCoreⅡ 10000というモデルで、容量は10000mAh。今まで使っていたバッテリーの約半分以下であります。

 


 

本体と付属品は、バッテリーポーチと、microUSBのコードです。

本体のサイズは9.6 x 6.2 x 2.2 cmです。ipodtouchと比べると、ちょっと小さいです。

ipodtouchと重ねるとこんな感じになります。幅はほぼ同じです。今までのBCMモバイルバッテリーに比べると、かなりコンパクトになります。

気になる重量の方は、193g。と見かけよりはちょいとずっしり感じるものの、今までのよりはずいぶん軽くなりました。

対して、BCMのバッテリー重量。決してBCMのバッテリーが悪いってことではないのですが、私にはオーバースペックのような気がします。毎日の外出に持ち歩くにはちょっと重いです。

25000mAhはかなりの大容量で、一日が終わって充電を始めても70%ぐらいしか減っていません。

なので、10000mAhぐらいの容量の方が、コンパクトで軽いので非常にバランスの良いバッテリーだと思います。

 

感想

PowerCoreⅡ 10000の先代モデルである、PowerCore 10000というモデルがあるのですが、Amazonのバッテリーのベストセラーであり、その新製品が今回紹介するPowerCoreⅡ 10000であります。

なので、製品の信頼性は十分にあります。

PowerCoreⅡ 10000には、ちょっとSLIMなモデルのラインナップもあり、より携帯性が上がります。

ただし、PowerCoreⅡ 10000に比べると、ほんのちょっとだけ重量が重いようです。
まぁ、その辺は好みで選んで良いと思います。
長年モバイルバッテリーを持ち歩いている私からすると、容量10000mAhが一番容量と重量と大きさのバランスが良いです。
なので、新しくモバイルバッテリーが欲しいと思っている方は、容量10000mAhを基準にしてバッテリー選びをしていただければよいと思います。

コメント